【auひかり ちゅら】Wi-Fi電波はあるのに回線速度・通信速度が遅くなった

インターネット(Wi-Fi)は繋がっているのにインターネットの繋がりが悪くなる要因を症状別に対処方法をご案内します。

よく見られる症状

  • 回線速度・通信速度が遅く感じる
  • 動画が途切れたり固まったりする
  • Webサイトの読み込みが遅い

主な要因

以下要因による対処方法をお試しください。

ホームゲートウェイ(HGW)またはルーターと利用端末(パソコンやスマートフォンなど)の距離は、通信速度に影響を与えます。
距離が離れれば離れるほど、通信速度は低下します。
また、金属やコンクリート製の壁などの障害物が存在する場合も同様に影響する場合があります。

対処法

ホームゲートウェイ(HGW)またはルーターの設置場所を変えてみてください。
もし設置場所の変更が難しい場合は、中継器のレンタルまたは購入することで改善する可能性があります。

auひかり ちゅらでは、中継器のレンタル(有料)を行っております。
ご希望の場合は、My au または auひかり ちゅらお客さまセンターでお申し込みが可能です。
また、中継器は量販店などでもお買い求めていただけます。

  • 「高速中継機能」についての詳細は、こちら
  • 「レンタル高速無線LAN」についての詳細は、こちら

<中継機を設置した場合のイメージ>
無線LANが届きにくいエリアに無線LANの電波を中継してエリアを広げることができます。

<ご注意事項>

  • 無線LAN親機に同時に接続できる中継機は1台のみです。(多段接続はできません)
  • 中継機1台を含む、子機接続台数は10台以下をおすすめします。

Wi-Fiの通信速度が遅くなる要因の一つとして、電波干渉が考えられます。

Wi-Fiの電波干渉とは、Wi-Fiの電波のその他機器の電波がお互いに干渉し、通信状態が不安定になることを言います。
その他機器の一般的なものとしては、電子レンジやテレビなどの一部家電製品が上げられます。

対処法

利用しているWi-Fiの周波数帯を変更することで改善する可能性があります。
具体的には、Wi-Fiには以下の周波数帯があります。

周波数帯 メリット デメリット
2.4GHz帯 障害物があっても電波が届きやすい ほかの家電製品などの電波と干渉しやすく、速度が遅め
5.0GHz帯 電波干渉を受けにくく安定しており、速度が速め 壁などの障害物に弱い

変更方法

Wi-Fiの設定画面でSSIDを変更してください。
Wi-FiのSSIDは主に2種類あります。
SSIDの末尾が「a」と表記されいるものが5GHz帯、「g」と表記されているものが2.4GHz帯となります。

(例)ホームゲートウェイ Aterm BL1000HWのSSID掲載場所

SSIDを変更しても改善しない場合の対処法

利用する周波数帯(チャネル)を指定することで改善する可能性があります。

チャネルとは、5GHz帯、2.4GHz帯の周波数帯を更に細かい帯域で区切ったものです。

Wi-Fiには電波状態が良いチャネルを自動で選択する機能があり、自動で切り替わるときなどは、通信が不安定になることもあります。
そのため、チャネルを指定上げることで通信が安定する可能性があります。
電波状態を調べるためのアプリが便利です。

なお、auひかり ちゅらのホームゲートウェイをご利用の場合は、専用の「クイック設定Web」にアクセスすることで、チャネルの設定が可能です。

  • 「クイック設定Web」についての詳細は、こちら

ご自身でご用意された他社のルーターをお使いの方は、各メーカーにお問い合わせください。

ホームゲートウェイ(HGW)の電源がずっとはいったままの状態のため、機器にも熱がこもりパフォーマンスが下がることがあります。

対処法

ホームゲートウェイ(HGW)またはルーターの再起動を行うことで改善する可能性があります。
ホームゲートウェイ(HGW)の電源を抜き差しし、再起動を行ってください。
なお、再起動は定期的に行うことをおススメいたします。

 

 

ご注意事項

  • 掲載内容は2024年6月27日時点の情報です。 
キーワード検索/カテゴリ検索

カテゴリのみで検索可。キーワード欄は空欄にしてください。